www.muffinsonthemove.com
簡単に説明をすれば任意保険とは強制保険の自賠責保険とは違って、自賠責保険だけではカバーできない補償を受ける重要な保険といえます。この任意の保険という保険は自賠責保険の上乗せという役割で機能しますので、自賠責保険でカバーできる支払いの限界を超えた際に有用です。それから自賠責保険の中では物に対する損害に対しては補償が受けられないのでそこのところをまかなう際には任意保険にも入るのがいいと思います。現時点で任意保険を支払っている車を売却する際は国産自動車あるいはアメ車ということは例外なく、残金が還付されます。これは日本の車を処分するケースについても同様です。自賠責保険は、普通は加入したままでいるのが通例になっていますが任意保険の場合は誰でも入る保険ではありませんから、解約ということになります。それで、任意保険を解約後は現時点で 支払っている残存金額が戻ってくるのです。自動車の取引が成立したからといってすぐに加入している任意保険をキャンセルするというのはリスクが高いです。勿論早く中途解約するとそれだけ返ってくる保険料は多くなりますが、自動車店舗が遠方にあるため自分で持っていくことになった場合には保険なしで運転をするはめになります。緊急事態に備えて、万が一にももう自ら自動車の運転をすることはないと言い切れるまで任意保険の契約のキャンセルをすることがないようにしなければなりません。所有車を売却して、またすぐに違う車を買う場合だったら良いと思いますがもしもしばらく乗らないような状態が続いて任意保険に入っている必要がなくなってしまったらこうした任意保険に加入していない時間があると、以前加入していた時の任意保険の等級が下がるため、任意保険の保険料が増額されることがあります。そういったような時であれば「中断証明書」を発行してもらうようにする必要があります。この「中断証明書」を使えば、一定期間は契約解除前の保険の等級を引き継ぐことができるのです。さらに、13ヶ月以内ならば発行してもらうことができますので、もしすでに中古車を売却していて、「中断証明書」を提示されてもらっていない状況であれば代理店にその旨を伝えてください。もし他の自動車を購入することになって購入後に前に保有していた中古車を買取に出すのでしたら契約は片方のみの契約となります。任意保険の更新という処理になるため、乗る必要があるクルマでしたら売却までこのことを頭に入れておかなければなりません。さらに任意保険の保険料は車両によって価格がそれなりに異なりますから自動車売却のさいは任意保険の内容を検討する良い機会なのです。